傷病手当金をもらうための条件・金額・手続きを説明します!

 

傷病手当金は、病気やケガで働けなくなったときに、本人や家族の生活を支えるために設けられた制度で、健康保険から所定の手当金を受け取ることができます。会社が加入している健康保険の被保険者であれば支給の対象となります。働けずに収入がないときには、本当に助かる制度です。

このページでは傷病手当金の支給対象となるための条件、金額や手続きなどをわかりやすく説明します。

1.傷病手当金を受給するための4つの条件

傷病手当金を受け取ることができるのは、次の4つの条件を満たした場合のみです

1 業務外の病気やケガであること

傷病手当金の対象となるのは、仕事以外での病気やケガであることが要件です。なお、仕事中や通勤中の事故などが原因の病気やケガでの療養の場合は、傷病手当金の対象ではなく労災保険が適用されますので傷病手当金が支給されることはありません。

 

2 仕事につけない状態であること(労務不能)

療養のため仕事につくことができない状態であることも要件です。ここでいう「療養」には入院だけではなく、自宅療養も含まれています。「療養のため、仕事に就くことができないかどうか」の判断は、医師の意見や本人の仕事内容を考慮しながら加入している健康保険が判断することになります。

 

3 連続する3日間を含み、4日以上仕事につけない

最初の仕事を休んだ連続3日間(この連続する3日間を待機期間といいます)に対して傷病手当金は支給されません。待機期間が成立した後の4日目以降から受給することができます。この待機期間3日間には、土日や祝日などの公休日も含むことができるほか、欠勤や有給休暇をあてることも可能です。

全国健康保険協会より

4 病気やケガで休んでいる期間、給与の支払いがない

原則として、給与が支払われている期間は傷病手当金の対象外です。

ただし、その支払われている給与が傷病手当金の額よりも少ないとき、その差額分は支給されることになっています。

 

2 傷病手当金はいくらもらえるの?

傷病手当金の1日当たりの支給金額は、支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準報酬月額を平均し、それを30日間で割った金額の2/3となります。

 

【傷病手当金の計算式】

(支給開始前の過去12ヶ月の各月の標準報酬月額を平均した額)÷ 30日 × 2/3 = 傷病手当金の支給日額

 

金額について詳しくはこちら

 

3 傷病手当金を受給できる期間は?

傷病手当金をもらえる期間は、支給開始から最長1年6ヶ月です。その支給開始からの期間中に病気やケガが良くなり出勤し、給与の支払いがあったとしても、その期間も1年6ヶ月の対象期間になります。

全国健康保険協会より

 

4.傷病手当金の手続きはどうするの?

傷病手当金を受給するには、傷病手当金支給申請書を加入している健康保険の保険者に提出する必要があります。

手続きについて詳しくはこちら

 

5まとめ

傷病手当金は、会社などの健康保険の被保険者であれば、病気やけがで働けずに給料がもらえないときに、給料の2/3の金額を最長1年6ヵ月間受け取ることができる制度です。

収入がなく経済的に苦しいときにもらうことができます。傷病手当金のことを知らなかったために、本来であればもらえたのにと後悔しないよう日頃から情報収集しておきたいものです。

 

  最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

最初のコメントをしよう

必須
ログイン