基本手当 病気、ケガなどで受給期間を延長できます

基本手当を受給するための条件に「いつでも
働く能力(健康状態、環境など)」があります。

このため、病気、ケガ、妊娠、出産、育児等に
より働くことができない人は基本手当を受給
できません。

 

これでは、働く意思があっても病気などで働く
能力(働ける状態でない)がないとされ基本
手当を受給することが出ません。

この問題を解決してくれるのが受給期間延長
という制度です。

基本手当の受給期間延長できる

延長が認められるのは

受給期間は離職日の翌日から原則1年間

となっていますが

1 妊娠

2 出産

3 育児(3歳未満の乳幼児のみ)

4 疾病や負傷などの理由により、30日以上継続して働くことができない
とき

延長できる期間

働くことができない日数だけ受給期間を延長
することができます。ただし、受給期間(1年)
に延長できるのは最長3年間です。

 

例 Aさん 病気で働けない期間6か月の場合

  当初の受給期間1年 + 延長期間6か月 

  = 延長後の受給期間は1年6か月

 

注 意 点

注意しなければならないのは、この延長は手当
がもらえる期間が延びる(増える)のではなく
働けない間は期間を延長して働ける状態になったら
求職活動をして基本手当をもらえるようにすると
いうことです。

受給期間の延長申請

受給期間を延長するには、上記の延長が理由で30日
以上継続して働くことができない日の翌日以降
なるべく早く申請するのが原則ではありますが、
延長後の受給期間の最後の日までの間であれば
申請はできます。

受給期間延長の手続き

手続きは、基本手当の手続きが済んでいる人と
済んでいない人で提出書類が少し違ってきます。

 

基本手当の受給手続きが済んでいる人

 ・雇用保険受給資格者証
 ・受給期間延長申請書
 ・延長の理由を証明する書類

  病気・ケガの場合:疾病名・働けない期間などが
  記載された医師の証明書等

  出産の場合:母子手帳等

  親族の介護:あなたが介護する必要があると
  判断できる資料
 

基本手当の受給手続きが済んでいない人

 ・お持ちの全ての離職票―2
 ・受給期間延長申請書
 ・延長の理由を証明する書類
  (離職票―1は必要なし)

  病気・ケガの場合:疾病名・働けない期間
  などが記載された医師の証明書等

  出産の場合:母子手帳等

  親族の介護:あなたが介護する必要があると
  判断できる資料

受給期間延長申請書を提出する

申請先は、住所地を管轄するハローワーク

なお、代理人又は郵送による申請もOK。

提出する受給期間延長申請書の記入例を載せて
いますので参考にしてください

    ↓↓

受給期間延長申請書記入例

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

最初のコメントをしよう

必須
ログイン