基本手当受給の流れを詳しく説明します

離職を決めてから基本手当を受け取るまでの
流れを説明します。

基本手当受給の流れ

  雇用保険被保険者証の確認

                       ⇓

  離職票のもらい方を決める

                     

 3 雇用保険被保険者資格喪失届・離職証明書の
        確認

                      ⇓

  離職票の受取

                   

  求人の申し込み

                   ⇓

  待期期間

                  ⇓

  雇用保険受給説明会に出席

                 ⇓

  1回目の失業認定日に出席

               

  基本手当を受給

               ⇓

 10 4週間おきの失業認定日に出席

 

 

それでは、ここからは個々に見ていきましょう。

 

1雇用保険被保険者証の確認

「雇用保険被保険者証」は就職時に会社が手続きを
行い本人に交付するか又は会社が保管しています。

確認のうえない場合には勤務先に再交付の手続きを
依頼する。

 

雇用保険被保険者証

2離職票のもらい方を決める

離職票は離職後10日以内に会社がハローワークで手続き
するものです。
会社に取りに行くか郵送で送ってもらうか事前に会社と
話して決めておくとよいでしょう。

離職してから2週間を経過しても離職票がお手元に届か
ない場合は会社に処理状況を確認しましょう。

 

3 雇用保険被保険者資格喪失届・離職証明書の確認

会社が作成した雇用保険被保険者資格喪失届と
離職証明書の内容を確認の上捺印します。

離職票

 

4離職票の受取

会社から離職票―1、離職票-2を受け取り内容を
確認します。
離職票-2の退職理由は必ず確認しておきましょう。

 

5求職の申し込み

離職票の提出と求職の申し込みをします。
この時、ハローワークは基本手当の受給資格があるか
確認します。

初めてハローワークに行く人は何をどうしたら
よいかわからず戸惑うのではないでしょうか?

ここでは、初回のハローワークの流れについて
説明します。

 

① まずは、ハローワークに行く前に次の必要書類が
全てあるか確認しましょう。

離職票―1,離職票―2

雇用保険被保険者証

本人名義の普通預金通帳

写真2枚(たて3㎝×よこ2.5㎝で正面上半身のもの)

本人の住所・氏名・年齢を確認できる書類
(運転免許証、マイナンバーカードなど)

印鑑

個人番号確認書類(次のいずれか マイナンバー
カード、通知カード、個人番号の記載がある住民票)

② ハローワークの総合受付に持参した離職票―1
離職票―2を渡します。

③ 離職票の内容が確認され、離職後にアルバイト
をしたか聞かれます。
離職票―1,離職票―2は返されます。
求職申込書とアンケート用紙が配付されます。

④ 記載台に記入例がありますので、参考にして
求職申込書に鉛筆で記入します。アンケートは
ボールペンで記入します。

⑤ 雇用給付課の窓口の前に受付機があるので受付
整理券
を取り、番号が呼ばれるのを待ちます。

⑥ 番号が呼ばれたら窓口に行き、離職票―1,
離職票―2、雇用保険被保険者証、求職申込書
及びアンケート用紙を渡します。
身分証明の確認のため運転免許証などを見せます。

⑦ 基本手当の振込先の通帳を見せます。

⑧ 雇用保険被保険者証が返され、雇用保険説明会の
ときに持参する「ハローワークカード、雇用保険
受給資格者のしおり」などが配付されます。

⑨ 雇用保険説明会の日時、求人票を見れる、求人
検索パソコンの場所が説明がされます。

 

 

6待期期間

離職票の提出と求職の申し込みを行った日から通算して
7日間を待期期間といい、その期間は基本手当を受給
することはできません。
 

7雇用保険受給説明会に出席

ハローワークから日時の指定がありますので
必ず出席してください。

雇用保険の受給や今後のスケジュールについての
説明があります。

基本手当の受け取りに必要な「失業認定申請書」と
「雇用保険受給資格者証」を受け取ります。

失業認定申請書の記入例ももらえますし、説明も
あります。

1回目の失業認定日(失業の状態にあることを
ハローワークが確認する日)が指定されます。

81回目の失業認定日に出席

原則として、4週間に1回、就労の有無、求職活動の
実績などが確認され失業の認定が行われます。

初回の認定は、求職活動を1回している必要があり
ますが、就職準備講習会が求職活動1回とされます。
(失業認定申告書の求職活動の欄に「初回講習会参加」
と記入します。)

なお、2回目からは求職活動が2回必要となります。
手続きは4週間単位で繰り返されるので常に同じ
曜日にハローワークに行くことになります。

指定された日にハローワークに行き、求職活動の
状況などを記入した失業認定申告書を雇用保険受給
資格者証と一緒に指定された箱に提出します。

雇用保険受給資格者証を返してもらい、次回の
失業認定申告書の用紙を受け取ります。

9基本手当を受給

いよいよ基本手当の受け取りが始まります。
失業の認定を受けた日数分の基本手当が、
あなたの預金口座に降り込まれます。

基本手当が初めて振り込まれるのは、ハローワーク
で求職の申し込みをしてから約1か月後(初回認定日
から約1週間後)になります。

ただし、自己都合でやめた人は3か月間の給付制限
がありますのでその間は基本手当を受給することは
できません。

 

 

10 4週間おきの失業認定日に出席

求職活動を複数回行い、そして4週間おきに失業の
認定を受けます。その1週間後に基本手当が振り込まれる。

あとは再就職や所定給付日数分を受給するまで
この繰り返しとなります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

最初のコメントをしよう

必須
ログイン