失業保険で受給できる金額・退職前の給料と年齢で計算します

雇用保険の一般被保険者だった人で
一定の要件を満たした人は、手続き
をすることにより雇用保険から
失業保険(基本手当)を受給する
ことができます。

では自分は、失業保険(基本手当)を
いくらもらえるのか?

気になるところですね!

失業保険の計算

失業保険(基本手当)の金額は、退職前
にもらっていた給料と退職時の年齢から
計算していきます。

計算するときに「基本手当日額」と
「賃金日額」という用語が出てきます。

基本手当日額とは

雇用保険で受給できる1日当たりの金額
を「基本手当日額」と言います。

賃金日額とは

「基本手当日額」の計算のときに使う
賃金日額の計算式は次のとおりです。

 

賃金日額 =

 

退職前6ヶ月に支払われた賃金総額 


     180日

まずは、もとになる自分の賃金日額
がいくらになるか計算して、次表の
年齢、賃金日額に当てはめます。

基本手当日額の計算方法 

基本手当は上記で計算した賃金日額
の金額に応じて、60歳未満の人は賃金
日額の50%~80%の範囲内で、60歳
以上64歳の人は45%~80%の範囲内
で受給することになります。

賃金日額が高くなるにしたがって、
給付率は低くなっています。

基本手当は「失業中の生活を保障する」
ということから賃金日額には最低限度額
があります。

 

逆に賃金日額が高額なのは生活保障
として適当でないため最高限度額が
年齢別に決められています。

年齢別基本手当日額

• 令和元年8月1日以降

離職時年齢が29歳以下

賃金日額 給付率 基本手当日額

2,500円以上
5,010円未満
80% 2,000円 ~   4,007円
5,010円以上
12,330円以下

 80~

50%

4,008円 ~   6,165円
(※2)
12,330円超
13,630円以下
50%  6,165円 ~   6,815円
13,630円(上限額)超

6,815円

(上限額)

離職時年齢が30~44歳

賃金日額 給付率 基本手当日

2,500円以上
5,010円未満
80% 2,000円 ~    4,007円
5,010円以上
12,330円以下

 80~

50%

4,008円 ~     6,165円

12,330円超
15,140円以下
50%  6,165円 ~7,570 円
15,140円(上限額)超

 7,570円

(上限額)

離職時年齢が45~59歳

賃金日額 給付率 基本手当日額

2,500円以上
5,010円未満
80% 2,000円 ~    4,007円
5,010円以上
12,330円以下

 80~

50%

4,008円 ~     6,165円

12,330円超
1667,0円以下
50%  6,165円 ~8,335 円
16,670円(上限額)超

 8,335円

(上限額)

離職時年齢が60~64歳

賃金日額 給付率 基本手当日額

2,500円以上
5,010円未満
80% 2,000円 ~    4,007円
5,010円以上
11,090円以下

 80~

45%

4,008円 ~     4,990円

11,090円超
15,890円以下
45%  4,990円 ~7,150 円
15,890円(上限額)超

 7,150円

(上限額)

 

基本手当の大まかな受給額

正確な金額は離職票に基いて計算され
ますが給与額によりおおむね次のよう
になります。

支給月額は離職時の年齢により「60歳未満」
と「60歳以上65歳未満」に分けています。

 

平均月額 60歳未満 60歳以上  65歳未満
15万円程度 11万円程度  
20万円程度 13.5万円程度 13万程度
30万円程度 16.5万円程度 13.5万程度

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります

ログイン