失業保険をもらえる日数 離職理由などで異なります

失業保険の所定給付日数は離職理由などで決まる

失業保険の所定給付日数(基本手当を受給できる日数)は
退職理由
雇用保険の被保険者であった期間
離職日の年齢
などで決定され、90日~360日の間で決められます。

倒産や解雇などにより再就職の準備をする
時間的な余裕がない離職者(=特定受給
資格者)や有期の労働契約が更新されず離職
した人など(=特定理由離職者)は所定給付
日数が優遇されて長くなります。

逆に、定年退職者、自己都合退職者(=一般
受給資格者)の給付日数は短くなっています。

所定給付日数

① 退職者 、自己都合退職の場合(一般受給資格者)③を除く

 

全年齢とも

被保険者期間 給付日数
1年以上5年未満 90日
5年以上10年未満 90日
10年以上20年未満 120日
20年以上 150日
 

 

 

② 倒産や解雇などによる退職者(特定受給資格者)、特定理由離職者(※)

 

年齢 30歳未満の人

被保険者期間

給付日数

6ヶ月以上1年未満 90日
1年以上5年未満 90日
5年以上10年未満 120日
10年以上20年未満 180日

 

年齢 30歳以上35歳未満の人

被保険者期間

給付日数

6ヶ月以上1年未満 90日
1年以上5年未満 120日
5年以上10年未満 180日
10年以上20年未満 210日
20年以上 240日

 

年齢 35歳以上45歳未満の人

被保険者期間

給付日数

6ヶ月以上1年未満 90日
1年以上5年未満 150日
5年以上10年未満 180日
10年以上20年未満 240日
20年以上 270日

 

年齢 45歳以上60歳未満の人

被保険者期間

給付日数

6ヶ月以上1年未満 90日
1年以上5年未満 180日
5年以上10年未満 240日
10年以上20年未満 270日
20年以上 330日

 

年齢 60歳以上65歳未満の人

被保険者期間

給付日数

6ヶ月以上1年未満 90日
1年以上5年未満 150日
5年以上10年未満 180日
10年以上20年未満 210日
20年以上 240日

 

※特定理由離職者とは有期の労働契約が更新
されず離職した人など

 

③就職困難者 ← 障害などで就職が困難な人

 

年齢 45歳未満の人

被保険者期間

給付日数

6ヶ月以上1年未満 —–
1年以上5年未満 300日
5年以上10年未満 300日
10年以上20年未満 300日
20年以上 300日

 

年齢 45歳以上65歳未満の人

被保険者期間

給付日数

6ヶ月以上1年未満 150日
1年以上5年未満 360日
5年以上10年未満 360日
10年以上20年未満 360日
20年以上 360日

 

受給期間

雇用保険の受給できる期間は、原則として
離職日の翌日から1年間(所定給付日数が
330日の人は1年と30日、そして360日の
人は1年と60日)とされています。

その期間を過ぎると所定給付日数に残りが
あっても受給することはできません。

 

所定給付日数が多い人は注意 

例えば、所定給付日数が300日ある人が、離職
してから3か月後にハローワークで求職の申込
みをしました。

この時にはすでに離職から90日ぐらいは経過
していますので

365日(一年) - 90日 = 275日

 
となり、受給できる期間は275日しか残って
いませんので 

25日間は受給できないことになります。

離職したらすぐに手続きするように
しましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事にコメントする

必須

4件のコメントがあります

ログイン