失業保険受給中のアルバイトはどうなの?

失業保険受給とアルバイトの関係はどうなの
と思っている方は多いのではないでしょうか?

失業保険をもらっているときでもアルバイト
をすることはできます。

 

ただし、アルバイトの時間、金額、日数によって失業
保険が減額されたり支給停止となってしまう
こともあるので注意しましょう。

まず、最初に

絶対にアルバイトをしてはいけない期間

待機期間中

失業保険の手続きを行い、受給資格決定から
7日間は待期期間となります。

この待機期間中は失業している必要がありま
す。

失業とは収入がない状態ということです。
少しでも収入があると待期期間が延長されま
す。

待期期間中のアルバイトはしてはいけません。

 

では次に

 

アルバイトをしても大丈夫な期間

自己都合退職で給付制限期間中

自己都合で退職の場合には1~3か月の給付
制限期間があります。

この間にアルバイトもできないということに
なると収入がなくなり生活できなくなります。

そうしたことにならないようアルバイトが
認められています。

では、どこまでなら大丈夫なのか?

 

就職したと判断されてしまうケース

雇用保険の加入条件である次の2つ

1週間の所定労働時間が20時間以上の場合

および

31日以上の雇用が見込まれるとき

この2つに該当すれば就職とみなされ失業
保険は支給されなくなります。

では、どうしたらいいのか!
上の2つの条件に該当しないようにすること

つまり

就職とみなされないためには

アルバイトをするときに1週間20時間未満
および31日未満の契約とすることです。

それと、失業保険受給中に収入があると、
失業保険が減額されたり支給が先送りされる
ことがありますが、給付制限期間中はその
ようなことはありません。

 

その他のアルバイトの基準については各ハロ
ーワークによって異なることがありますので
管轄のハローワークに事前に確認しましょう。

失業保険を受給している場合

失業保険をもらっている間でもアルバイトを
することはできます。

ただし、アルバイトをしたら失業認定日に
提出が義務づけられている「失業認定申請書」
に仕事をした日数と収入額を記入して提出
しましょう。

記入するときには

1日4時間以上労働した
場合は「就職または労働」として記入する。

1日4時間未満労働した場合は「内職または
手伝い」として記入してください。

きちんと報告しないと不正受給とされ罰則が
適用されます。

 

失業保険受給中のアルバイト

先に述べたとおり、失業保険をもらっている
ときでもアルバイトをすることはできます。

ただ、アルバイトの期間や収入額によって
失業保険がもらえなかったり減額されたり
します。


「就職または就労」の場合

4時間以上労働した日が1日あれば、1日分
失業保険がもらえません。

5日労働すれば、5日分の失業保険がもらえ
ません。

これは、失業保険が減額されるのではなく
あくまでも支給が先送り(支給が後ろに
ずれる)されるだけです。

 

失業保険を受給できる期間は離職した日から
原則1年間ですから、先送りの日数が長く
なると受給期間の1年を超えてしまい受給
できなくなります。

 

「内職または手伝い」の場合

1日4時間未満の労働収入があった場合は
収入金額によって失業保険が減額あるいは
不支給となる場合があります。

では、詳しく見ていきましょう。

1. 基本手当が全額支給される。

基本手当日額と控除後収入(収入-控除額)
の合計が賃金日額の80%以下のとき

 

 

2. 基本手当が減額して支給される。

基本手当日額と控除後収入(収入-控除額)
の合計が賃金日額の80%より多いとき

 

3. 基本手当は支給されない。

控除後収入(収入-控除額)が賃金日額の
80%より多いとき

アルバイトは
1日4時間以上で 週20時間未満で!

1日4時間未満の労働であっても、収入
金額によっては失業保険が減額されたり
不支給になったりします。

ところが、1日4時間以上のアルバイトで
あれば失業保険が減額されることもなく
支給が先送りになるだけで最終的には、受給
できる金額は変わりません。

そして週20時間以上になれば就職とみなされる
可能性があります。

一番良いアルバイトの仕方は

1日4時間以上、週20時間未満

この働き方であれば就職とみなされず減額
不支給はありません。
支給は先送りされますが、最終的に受給できる
金額は変わりません。

不正受給はダメ

「アルバイトをしても申告しなきゃばれない」
「この程度の収入なら申告しなくてもいい」
と考える人もいるかもしれません。

無申告ということは「不正受給」になります。
見つかれば、当然失業保険は支給停止に
なります。

今まで不正に受給した失業保険も全額返還
しなければなりません。

さらに不正受給分の2倍にあたる金額の納付
命令がなされます。

返還する分と納付命令を合わせると、不正
受給分の3倍を返納しなければならない
可能性があるのです。

命令に従わないと、延滞金が発生し、財産の
差し押さえ、悪質な場合には詐欺罪などに
より処罰されることがあります。

アルバイトは必ず申告する

不正受給が発覚する理由として

マイナンバーで仕事先とハローワークの照合が可能
ハローワーク職員による調査
不正受給に関する通報や密告

などです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

最初のコメントをしよう

必須
ログイン