失業保険(基本手当)は職場で雇用保険に入っていないともらえない

失業保険と基本手当?

最初に、皆さんが一般的には失業保険と
言っているのは正式には失業等給付の
うちの一つである基本手当ということ
になります。

基本手当と言ってもおそらくピンと
こないと思いますのでここからは
失業保険と書きます。

私は

・失業保険をもらうことができるのか?

・もらえるとしたらどのくらいの期間

もらえるの?

・そして金額はどのくらいもらえるの?

など、気になるところです。

 

失業給付は離職理由等で異なる

離職の理由や離職時の年齢、離職前の
給料などの条件で決定されます。

ここからは、失業保険をもらうための
条件、受給額、受給日数、受給手続き
の流れなどについて何回かに分けて
詳しく解説していきます。

離職理由で受給に差が出る 詳しくはこちら

失業保険で受給できる金額 詳しくはこちら

雇用保険に入っているか
どうかわからない?

パートなどで働いている人の中には
「私、勤務時間短いから雇用保険に
入っているかどうかわからない?」

会社に確認するのも・・

いまさら聞きずらい・・・

なんて思われているかも

しれませんね!

そんな時は、給与明細書を見てください
雇用保険料という項目で控除されて
いれば雇用保険に入っています。

雇用保険料の控除がなければ雇用保険
には入っていないことになります。

控除されている人は失業したときに
失業保険をもらえる可能性があります。

可能性があるとはどういうことかと
言うと雇用保険に加入している人が
全て失業保険をもらえるわけでは
ないということです。

でも、一定の条件に該当する人は
雇用保険に加入しなければならない
と決められています。

そこで、どういった人が雇用保険に
加入するのかについて説明します。

雇用保険の加入条件

雇用保険に加入するための条件は
次のとおりです。

1 31日以上の雇用が見込まれること

1か月に満たない短期間の仕事では
雇用保険に加入できません。

2 週の勤務時間が20時間以上の人

週に20時間未満の仕事では加入
できません。

例えば、1日4時間、週に4日のパート
さんは週に16時間なので雇用保険
には加入することはできないという
ことになります。

上の2つの条件を満たし雇用保険に
加入した人を雇用保険の被保険者
言います。

雇用保険に加入しているか確認

雇用保険加入の2つの条件を満たして
いるのに雇用保険料が控除されて
いないという人は、会社が手続きを
忘れている可能性がありますので
会社に確認されることをおすすめします。

失業したときにもらう失業保険は何か月
加入しているかが条件となります。

本来であればもらえるのに加入月数が
足りずにもらえないということが
おこります。

失業保険とは?

失業したら今まで毎月もらっていた給料が
なくなり次の就職まで経済的に不安ですよね。

そうした人が、新しい仕事につけるよう
再就職を支援するために雇用保険制度
から支給されるのが失業保険です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

最初のコメントをしよう

必須
ログイン