新型コロナウィルスで収入減になったら国民年金保険料の免除申請

新型コロナウイルスで「国民年金保険料の支払いが困難…」といった場合の対応をご案内します。

今までも国民年金納付免除、猶予の制度はありましたが、新たに令和2年5月から、新型コロナウイルスで令和2年2月以降の売り上げの減少などにより収入が相当程度まで下がった方に対して、特例として免除・納付猶予申請ができるようになりました。

本人申告の所得見込額を用いた簡単な手続きで国民年金保険料免除の手続きができます。

また、学生についても、収入が相当程度まで下がった場合は、同様に本人申告の所得見込額を用いた簡単な手続きにより、学生納付特例申請ができます。

1.対象となる方

以下の2点をいずれも満たした方

(1)令和2年2月以降に、新型コロナウイルスの感染症の影響により収入が減少したこと

(2)令和2年2月以降の所得等の状況から見て、当年中の所得の見込みが、現行の国民年金保険料の免除等に該当する水準になることが見込まれること

 

2.対象期間

令和2年2月分以降の国民年金保険料が対象となります

 

3.申請の受付開始

令和2年5月1日

 

4.手続き方法

申請先

申請書は必要な添付書類とともに、住民登録をしている市区町村役所または年金事務所へ郵送してください。

注 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、できる限り郵送による手続きをおすすめします。

 

申請に必要な書類

特例による免除の申請に必要なのは以下の書類です。申請の際には、以下の2つの書類を必ずご提出してください。

・国民年金保険料免除・納付猶予申請書

・所得の申立書(特例による免除の申請を希望する場合は、必ず提出すること)

 

注 マイナンバーにより郵送で申請されるかたは、マイナンバーカードの写しなどの本人確認書類を添付してください。

 

学生の方の申請に必要な書類

特例による学生納付特例の申請に必要な書類は以下の3つの書類となります。申請の際には、以下の3つの書類を必ずご提出してください。

・国民年金保険料学生納付特例申請書

・所得の申立書((特例による免除の申請を希望する場合は、必ず提出すること)

・学生証のコピー

 

注 マイナンバーにより郵送で申請されるかたは、マイナンバーカードの写しなどの本人確認書類を添付してください。

 

申請書等は年金事務所または市(区)役所・町村役場の国民年金窓口にあります。

 

日本年金機構のホームページより(外部リンク)からダウンロードもできます。

年金機構HP 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

最初のコメントをしよう

必須
ログイン